staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2017.12.12更新

meilong恵比寿院 院長の石川です。 

最近、美容鍼灸などがメディアでもバラエティや医療番組で取り上げられるようになってきましたね。

嬉しい限りです。

私自身はまず一般の方々が体調が少しでも良くないと「病院にいこう!」という頭になってしまう常識に予防医学の鍼灸治療を選択支に入れてもらえるようになることが想いでもあります。

 

薬は体に悪い点がありますが鍼灸治療はありません。

 

身体にとっても優しい予防と治療方法です。

 

仲良く良い信頼できる医師たちとも連携していきたいです。そして一人でも多くの方々に良い医療を受けて頂きたいのです!!

 

Meilongではほぼ全ての科の医師や病院のご紹介も可能ですのでご相談も承っております。

 

 

紹介

 

恵比寿で身体のお悩みならMeilong!!予約はこちらです!!

 

meilongインスタ

meilong facebook

 

 

 

投稿者: Meilong

2017.12.11更新

こんにちは、前田です。

本日は、ダイエットや美肌に効果が高い岩盤浴についてご紹介します。

岩盤浴とは、温めた石の上に横になり汗をかくというサウナのようなものです。また温度はサウナより低い45度前後が多く、程よく湿度もある状態に設定されているので気持よく汗をかくことができる環境なのです。

石をつかった岩盤からは、遠赤外線やマイナスイオンなどが放射されます。岩盤の上に寝転がることで、この放射を浴びながら汗をかくことができ
身体の中に溜まってしまっている毒素や老廃物を排出し、デトックスをすることができるのです。

またサウナは身体の表面から温めるのに対し岩盤浴の場合は身体の内側から温める効果があるのです。そのため、岩盤浴の場合は汗腺からではなく、皮脂腺から汗が出るようになり身体の中に溜まった毒素や老廃物を排出しやすく、サウナよりもデトックス効果が高いのです。

岩盤浴の効果  

岩盤浴の効果として1番の売りは、やっぱりダイエット効果です。岩盤浴は、身体を温めていくことで脂肪を燃焼する代謝を高めてくれるので
より痩せやすい体質に変えてくれる効果があるのです。

またダイエット以外にも、岩盤浴で質の良い汗をかき続けることで自律神経の調子を整えて不眠症や冷え性、神経痛などの改善もできるのです。
特に冷え性は、悩んでいる女性も多いはず。
他にもむくみや肩こりの解消にも効果があると言われています。身体を温めて血液の流れが良くなるので、こういう症状にも効果があるのですね。

岩盤浴の入り方

入浴時間

岩盤浴に入る時間としては、だいたい15分~20分くらいを考えておけばOKです。
はじめにうつ伏せの状態で5分から10分くらい汗をかきます。
そのあと、仰向けに体勢を変えて10分ほど過ごすのです。
ここまでの流れを終えたら、5分ほど休憩。

以上の流れを1セットとして、合計で60分~90分ほど入ると良いでしょう。

※岩盤浴では汗を大量にかくので、こまめな水分補給が必要です。必ず500~800mlくらいの水を飲むようにしてください。

 

岩盤浴について

WEB予約

instagram

Facebook

投稿者: Meilong

2017.12.02更新

こんにちは、下地です☆

本日は「冬バテ」について書きたいと思いますleaf

 

は、春の活動に向けてエネルギーをじっくりと蓄える時期

しかし冬場、特に年末年始は楽しいイベントも多く、忙しくてもつい無理をしがち

また飲食の機会も多く、内臓にかかる負担も大きくなります。

こうした生活が活動モードの交感神経ばかりを働かせ、休息モードの副交感神経を働かせる機会を失ってしまいます。

 

冬バテの症状

①疲れやすい

②イライラする 

③胃腸の不調・・自律神経の乱れ、便秘や下痢

④寝つきが悪くなる

⑤筋肉のコリ

⑥免疫力低下により、風邪やインフルエンザを発症しやすくなる

 

冬バテ解消法

①体を温める

・温かい飲み物を飲む

・8~40度のお風呂


②質の良い睡眠

寝る前にスマホ、パソコンを見ないようにする(ブルーライトを浴びると興奮状態になってしまう)

寝る1~2時間前はリラックスした時間を過ごしましょう。

③呼吸と姿勢を意識する

姿勢を正し、ゆっくりと息をはく

胸を開き深い呼吸をすることで副交感神経の働きを強くして、リラックスした状態に切り替えてくれます。

④体を急に冷やさない

急激に冷えると交感神経がいっきに緊張状態になってしまいます。

少しの外出でもマフラーや手袋などで防寒対策をしっかりしましょう。

⑤室内での運動

ラジオ体操やヨガ、スクワットなどで体を動かしましょう。

★忙しい時季節こそ気持ちにゆとりをもって過ごしてみて下さい

 

冬

web予約

instagram

facebook

投稿者: Meilong