staff blog

sp_btn01.png
web予約
アクセス・営業時間
キャンペーン

2017.10.11更新

こんにちは、下地です。

本日は、生理痛の症状をやわらげる栄養素4つをご紹介します!

 

生理痛はほとんどの女性が経験したことがあるのではないでしょうか。

生理痛はホルモンの乱れが関係し、過労や精神的ストレス、食生活の乱れなどが原因と考えられます。

 

「生理痛を和らげる食材と栄養成分」

 

マグネシウム・ビタミンB6

マグネシウム→子宮収縮を緩める作用

ビタミンB6→マグネシウムと同じく子宮の収縮を緩めホルモンの代謝を良くする作用

〈多く含まれる食品〉

大豆、アーモンド、マグロ、さんま、鮭

 

★ビタミンE

ホルモンの生成や分泌にかかわり、女性ホルモンのサポートをする

〈多く含まれる食品〉

・柑橘類、かぼちゃねぎにんじん、生姜

 

★タンパク質

筋肉や皮膚、爪を作るだけではなく、血液や女性ホルモンのもとになる

ダイエットで不足しがちな栄養素なので、さまざまな食品から毎日きちんととるようにしましょう。

〈多く含まれる食品〉

肉類、魚介類、大豆(大豆製品)、牛乳(乳製品)

 

★生理中は全身の血流が悪くなり、子宮がうっ血するため、よりいっそう冷えたり、冷えによって下腹部の痛みや頭痛、腰痛などがおきます。

冷えを和らげるために、ねぎやにんにく・生姜などの体を温める効果のある食品を取るようにしましょう。

また、足湯で体を温めると滞りがちな血流をよくし、全身を効果的にあたためることができます。

疲労回復、リラックス効果、浮腫みにも効果的です。

★

 

 

WEB予約

instagram

facebook

投稿者: Meilong